外壁塗装の養生って何?養生が必要な理由。
塗装の養生について
株)福永塗装工業
塗装のことは 何でも ご相談ください

 

外壁塗装を検討していたり、過去に塗装をしたことがある方は、「養生」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

ですが、業者に任せっきりになり、養生が何のことなのか?なぜ、養生が必要なのかをちゃんと理解できていないという方もいらっしゃると思います。

 

特に、これから外壁塗装を検討する方にとって、養生はとても大事な作業になるので、

 

このページで、養生とは一体何なのか?そして、養生が必要な理由などについて解説します。

 

養生って何??

 

養生とは、一言でいうと「建物の保護をすること」です。

建築現場などの工事の際に、工事する対象以外の建物や、物に、傷や汚れがつかないように、保護することを養生と言います。

 

外壁塗装の現場においては、「塗装をする場所意外に、塗料がつかないようにする」目的で、養生を行っていきます。

 

養生なしで塗装はできるのか?

養生なしで塗装をしたい、、、という声をごく稀に聞くこともありますが、業者の人が養生なしで塗装をすることはありません。

 

それは、塗装の出来上がりの品質を向上させるためでもあり、トラブル防止にも繋がっているからです。

 

 

養生をしないとどんなトラブルが起きるのか?

養生をしなければ、塗料が飛び散ったりした際に、塗装箇所意外が汚れてしまうことになります。

 

塗装に使われる塗料は、付着して乾くとなかなか取れません。

 

例えば、その飛び散った塗料が隣の家の車や外壁につくと、弁償をしないといけなくなります。

 

そして、その弁償をするのは、塗装を依頼したお客様ではなく、業者が支払うのが一般的です。

 

養生の作業をしない、、、

 

ということは、そのような万が一のトラブルに対して、全ての責任を業者ではなく、依頼主が背負うことになるので、養生作業はとても大事な工程になります。

 

 

 

 

養生の仕方。

 

では次に、養生にはどのような道具を使うのかも、解説しようと思います。

 

養生用ポリシート&マスキングテープ

主に、窓枠を養生するときなどに使用する道具です。一般的なビニールシートより面積の広い養生シートを、布テープよりも粘着力の強い、マスキングテープで止めて飛沫防止をします。

 

マスカー

マスカーとは、上記した養生用のポリシーととマスキングテープが合体している道具のことです。

マスカーには種類があり、滑り止めがついたマスカーなどは、ノンスリップますかーと呼ばれたりしています。

 

ブルーシート&布カバー

足元や場所によっては、ブルーシートや布カバーを使うこともあります。

 

カーカバー&室外機カバー

車のカバーと、慣れていないと意外と抜けやすいのが室外機のカバーです。これらも、トラブルになりやすいので近くにあるものは、必ず養生するようにします。

 

飛散防止ネット

これは、足場に設置する、家全体を覆うシートのことです。紐で足場に結びつけて固定をします。

 

養生に必要な費用の相場。

養生費用は、基本的にカバーするものの大きさで決まります。

単価も、建物や会社によって多少の変動はありますが、

 

大体、1平方メートルあたり、200円〜500円といったところです。

 

なので、30坪の家をすっぽり養生するとしたら、49,800円〜124,500円といったところです。

 

養生は、外壁塗装工事をする際には必ず必要なものなので、養生は塗装とは別物と捉えずに、外壁塗装には養生が必須。ということを、予め考えておきましょう。

まとめ

 

以上このページでは、養生について内容や必要な理由、相場などお伝えさせていただきました。

 

養生の作業を面倒くさがったり、費用を安くしたいから、養生を減らしたりすると、

 

後々トラブルが発生する確率が上がってしまいます。

 

塗料が飛び散る場所が、自宅内だけで、周りが汚れたりしても構わないのであれば、必要ないかもしれませんが、

 

近隣とのトラブル防止や、あとからかかる掃除や弁償の費用を考えれば、

 

養生は必ずしておいた方がよいです。

 

外壁塗装を検討される方は、養生は必ずしないといけないものだと、認識をした上で、塗装工事をされてください。

 

もし、外壁塗装のことで、お見積もりなどをして欲しいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事